IED_Baghdad_from_munitions










即席爆発装置 - Wikipedia

即席爆発装置(そくせきばくはつそうち、IED、Improvised Explosive Device)とは、あり合せの爆発物と起爆装置から作られた、規格化されて製造されているものではない簡易手製爆弾の総称である。日本の防衛省では即製爆発装置あるいは即製爆弾と訳している。

道路脇などに仕掛けられたIEDを一般に路肩爆弾、道路脇爆弾、路上爆弾(Roadside bomb)などと呼んでいる。

基本的には正規の軍隊が使用する爆弾と異なり、材料は砲弾や地雷などの炸薬と筐体を流用して独自に作成する爆弾でもあることから「自家製爆弾(home made explosives、HME)」とも表現される。


IEDが足下で爆発してしまう瞬間です。
爆発音がすごいので音量注意で。




普通なら即死ですが、爆弾が埋められていた場所の地面が固かった為衝撃が伝わりづらかったのでは無いかとのこと。

それでも苦しそうにしているのは衝撃が凄まじかったせいでしょうか。



Soldier Survives IED Explosion Under His Feet | Video | Break.com







起床装置 DANGERBOMB CLOCK
起床装置 DANGERBOMB CLOCK
posted with amazlet at 14.03.10
バンプレスト (2007-03-22)
売り上げランキング: 60,195