20070922215651










 大阪府東大阪市の市立中学で45歳の男性が教員免許を偽造し、15年間にわたって無免許のまま教壇に立っていた問題を受け、府教育委員会が府内小中学校の教諭約1万5千人を対象に教員免許の保有状況を調査したところ、「手元にない」と申告した教諭が数百人から千人近くに上ることが2日、分かった。信頼回復を目指したい府教委は電子登録システムを活用し、1人ずつ免許の所持確認をしているが、あまりの人数の多さに調査は難航している。

 調査は府教委が人事権を持っていない大阪、堺両政令市などを除く公立小中学校の全教諭が対象。3月、市町村教委を通じて依頼し、各校長が教員免許状の原本を確認する方法で約9割の保有を確認したが、一方で「あるはずだが見当たらない」と返答する教諭が続出。未集計だが数百人から千人に上るという。


一部抜粋、以下ソースにて



免許失くすなよっていうか本当に免許もってるの?





Twitterの反応






この中で「紛失」じゃなくて「無免許」の教員は何人いるのかな?

最終的にそこまで調査しないとまずいでしょコレwww










ゼロからだって「教師」になれる!―教員免許取得&採用試験合格NAVI
高橋 幸恵 橋本 健一
オクムラ書店
売り上げランキング: 159,708



ウェビング式 教員免許更新のための必修講習ガイドブック
加藤 幸次
黎明書房
売り上げランキング: 1,037,637