2012T009_1










先月以降、西アフリカのギニアを中心に流行している感染症、 エボラ出血熱で死者の数がこれまでに100人を超え、 WHO=世界保健機関では感染が広い範囲に及んでいることなどから 「極めて対処が難しい」として注意を呼びかけています。

エボラ出血熱の流行は先月中旬に西アフリカのギニア南部で始まったあと、 およそ900キロ離れた首都のコナクリや隣国のリベリアでも感染が確認 されるなど拡大を続けています。

WHOのまとめによりますと、感染者や感染が疑われる患者は、 ギニアとリベリアの2か国で合わせて178人に上り、 このうち111人が死亡しました。

これについて、スイスのジュネーブで、8日に記者会見した、 WHOのフクダ事務局長補は、 感染が地理的に広い範囲に及んでいることや、 人口の多い首都でも患者が確認されたことなどから、 「過去の感染拡大の中でも極めて対処が難しいケースの1つだ」 との認識を示し、各国に対して注意を呼びかけました。


一部抜粋、以下ソースにて








Twitterの反応









感染が拡大していく…

WHOも対応はしているけど、予想外のスピードで拡大していっているようです


こわいこわい











アウトブレイク [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2010-04-21)
売り上げランキング: 16,367



サージカルマスク(ブルー、大人用、長谷川綿行)
長谷川綿行
売り上げランキング: 38,690