t-32501_01








要約すると…
  • 4月22日に実施した「全国学力調査」を愛知県刈谷市の市立衣浦(ころもうら)小学校が日程を勘違いして参加しなかった。

  • 6年生の2クラス62人が参加するはずだったが、教職員が実施日を23日と思い込み、22日は通常通りの授業をしていた。

  • 学校側は22日の午後に市教委の調査が終了したかの確認の電話で初めて気がついた。

  • 23日に改めてテストを行うが、全国の集計には反映されない。

全文はソースにて



こんな事ってあるんだねぇ。

小学校もつい思い込みで日程を間違えたんだろうな、ちなみに保護者向けのプリントにも23日実施と書かれていたそうなので、相当前の段階から23日と頭に刷り込まれていたんでしょう。

1回思い込むとなかなか修正できないからなぁ。



Twitterの反応









別にいいんじゃないかなぁ。

全国の小学6年生の中で62人のデータが無くても、たいした誤差にはならんでしょ。それに子供達は学校の予定通り23日に問題を解くんだから、だれも不利益を被ってないと思うんですよね。

本当に学校が勘違いしていたのかって問題はあるでしょうけど、そこまでして拒否する理由もないしね。












「ミス」をきっぱりなくす本 (成美文庫)
海保 博之
成美堂出版
売り上げランキング: 4,949