gentei01-01








 和歌山県太地町の「町立くじらの博物館」から外国人という理由で入館を拒まれたとして、オーストラリア人の女性らが町に約670万円の慰謝料などを求める訴訟を和歌山地裁に起こした。女性らは「憲法(14条)が禁じる人種差別にあたる」と主張している。

 これに対し、昨年9月〜今年2月の漁期に「捕鯨反対」の立場の外国人を対象に入館を断ったとする林克紀館長は朝日新聞の取材に「町の文化、財産、漁業を守るためで、差別の意図はない」と反論している。

(中略)

女性は14日、太地町のイルカ漁を撮影した米国映画「ザ・コーヴ」の出演者らと博物館を訪問。「訴状を渡そうとしたが、拒否された」としている。

一部抜粋、全文はソースにて



人種差別じゃ無くて迷惑だったんじゃねーの?

一般の入場者と同じように見学してたら問題だけど。




Twitterの反応







訴状を渡すだけならいいんだけど、ああいう人たちって撮影したがるから困るよなwww

それが迷惑だったんじゃないの?









ノザキブランド さくら肉大和煮 300g
川商フーズ
売り上げランキング: 4,526