hqdefault








引きこもる本人や家族などが支援を希望した場合、「ひきこもりサポーター」を選んで、家庭を訪問し、情報提供などの支援を継続的に行おうと、国が推し進めている制度。実際に実施する主体は、特別区を含む市町村で、国と市町村が2分の1ずつ補助を出す。また、家族会や社会福祉法人、NPOなどに事業委託をすることもできる。

 最近、厚労省が全国の市町村に「ひきこもりサポーター派遣事業」実施予定の意向調査を行ったところ、昨年末現在、2015年度以降に234自治体で実施したいという意向を示していることがわかった。


一部抜粋、全文はソースにて






知らない人が突然訪問してくるぞ!




Twitterの反応








ひきこもってる人や家族に訪問する事はいい事だと思うんだけど、なにか意味があるのかなぁ?






「ひきこもり」救出マニュアル〈理論編〉 (ちくま文庫)
斎藤 環
筑摩書房
売り上げランキング: 7,038



安心ひきこもりライフ
太田出版 (2014-05-23)