178372








魚を出されてもどこから食べていいのかわからないらしい

和食といえば焼き魚を箸で食べる事がおおいですが、小学生の中には『どこから箸を入れて良いのかもわからない』子供がいるみたいですよ。


 和食が国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されたことを受け、水産庁は学校給食での骨付き魚の普及に乗り出す。

(中略)

 約130種類の魚介類が水揚げされる庄内浜に面した山形県酒田市。魚食が深く根付く同市でも、子供の“魚離れ”は深刻だ。

 同市の小学校で給食に骨付きの魚が出るのは月1回程度。多くの児童は、サンマを見てもどこに箸を入れていいか分からないといい、給食を担当する市教委の佐々木和佳・調整主任は「ツナ缶や魚肉ソーセージだけが魚料理だと思っている子供がいる。骨付き魚の食べ方も指導しないといけない」と話す。


一部抜粋、全文はソースにて


今時の子供って魚も満足に食べられないの!?

それは学校が指導するのではなくて、家庭でしつけとして教える物なんじゃないんですかねぇ。

130種類も魚が水揚げされるのに、それはちょっと恥ずかしいなぁ。



Twitterの反応







もう親の世代が全滅っぽいですね。

学校の給食で教えるしかないのか…。

でも、私もそこそこ大人になってから綺麗に食べられるようになったので、必要にかられて自然と上手になる子供もいるんじゃないんですか?

魚が食べられない小学生のみんな!大人になって会食とかで魚が出てくるとゾッとするぞwwwww





日本一うまい魚の食べ方
生田 與克
中経出版
売り上げランキング: 46,264



少しのコツで印象が変わる美しい食べ方
小倉朋子 岩下宣子
エイ出版社
売り上げランキング: 116,623