20140522-00000070-jijp-000-5-view








フラッシュモブのデモ版をやっているらしい

道行く人が突然集まって歌ったりパフォーマンスをするフラッシュモブ。

それをデモで行っているようです。


22日に全権掌握して以降、タイ軍はデモ指導者を拘束し、集会を禁止。国内メディアを統制し、ケーブルテレビを放送禁止にしたほか、武装組織の武器没収にも踏み切った。しかし、政治デモというより、通りすがりを装い突如集まる「フラッシュモブ」のように発生する都市部の抗議活動には、手をこまねいている。

こうしたデモは軍が規制しようとすると散会し、兵士がより目立つデモ隊の取り締まりを行っていると、今度は別のデモ参加者が違う場所で集まるという。

(中略)

デモ隊は参加者の数を絞り、集会場所も拡散させて、暴力的な攻撃を受けないよう警戒している。こうしたデモに軍も疲弊しているようだ。

25日のデモに参加したある男性は「クーデターが終わるまで、こうした小規模なデモを毎日続ける」とし、「国民はもう何も恐れない。闘い続ける」と主張した。


一部抜粋、全文はソースにて



デモ隊の決意は強いようで、こんな散発的にやられたら軍も対応できないのが本音のようです。

今までに無かったSNSやインターネットの情報網を使って連絡を取り合ったりしているグループもあるらしく、高度な情報戦が行われているようです。

これは今まで何度もクーデターを行っているタイ軍も始めての経験とのことで、対応策は出来るのでしょうか。









旅の指さし会話帳 1タイ[第3版] (ここ以外のどこかへ)
加川 博之
情報センター出版局
売り上げランキング: 8,534