cf60cab4











高山病や低体温症

 御嶽山(おんたけさん)の噴火による行方不明者の捜索で、陸上自衛隊などの救助隊は8日、隊員5、6人をロープで結び、ぬかるみへの転落を防ぐ対策を導入した。

 ロープは必要に応じて、各隊員のベルトに通して結びつける。1人が泥にはまった場合、他の隊員がロープを使って引きずりあげ、早期救出を図る。

(中略)

 捜索時に、水を含んで泥状になった火山灰にはまりこむ隊員が続出しており、災害対策本部は7日の山頂周辺の活動で、少なくとも2人が低体温症、4人が高山病の症状を訴えていることを明らかにした。長野県によると、1人は山頂付近の臨時ヘリポートとなっている一ノ池でヘリコプターを誘導していた際、ぬかるんだ火山灰の中に首まで埋まった。病院で診察を受け、8日は静養しているという。


全文はソースにて



雨でドロドロになった火山灰に首まで埋まる人が出てくるって、本当に大量の火山灰が降ったんだなぁ。

しかし相当厳しい環境で長時間捜索活動してたら、体調が悪くなる人も出てくるよな。



ネットの反応








救助に行ってる人たちは全員プロとはいえ人間だからなぁ。

事故なんかに遭わなければ良いんだけど…







おすすめリンク集





図解 消防救助技術の基本 (警防技術基本シリーズ)

近代消防社
売り上げランキング: 96,747