1c714a03.jpg






1: 2018/02/17(土) 17:42:45.96 ID:ve0ibFNl0 BE:416336462-PLT(12000)
冷戦時代にソビエト連邦が米国のスペースシャトルに対抗して製造した宇宙船「ブラン」は、わずか1度飛行した後に使用停止となった。
当時、ソ連が進めていたブラン計画の遺物が、今もカザフスタンの草原に放置されている。
現在、シャトル2機とロケット1機が使用されなくなった格納庫に保管されているが、一般公開はされていない。
この格納庫はモスクワの南東約2400キロに位置するバイコヌール宇宙基地内にあり、近くにはブランの初飛行時に使用された発射台もある。
ロシア語で「吹雪」を意味するブランのデザインは、米国のスペースシャトルに酷似していた。それは決して偶然ではない。
「ソ連はスペースシャトルと同等の最大積載量を求めていたため、スペースシャトルと似た寸法の宇宙船が必要だった」と語るのは、
ソ連の宇宙開発の歴史を研究しているバート・ヘンドリックス氏だ。
米航空宇宙局(NASA)が開発したスペースシャトルは、基本的に国防総省の依頼で大きな貨物を軌道まで運ぶ「宇宙トラック」だった。
国防総省はスペースシャトルを使って複数の軍事衛星を配備する計画だった。
「スペースシャトルがもたらす軍事的脅威を認識したソ連は、ブランの開発を決断した。
米国がスペースシャトルを開発していなければ、ソ連がブランを開発することもなかった。ソ連にとってブランは軍拡競争の一環にすぎなかった」(ヘンドリックス氏)

https://www.cnn.co.jp/fringe/35112387.html
0fdf4ef6.jpg


aa11c6d1.jpg


0b9a7f05.jpg


b74c8fa2.jpg


7b5263f4.jpg


no title

9954f0b4.jpg



>>2以降に続く
2: 2018/02/17(土) 17:43:49.40 ID:ve0ibFNl0
>>1の続き

スペースシャトルとブランは全く同じというわけではない。外見は似ているが、一見しただけでは分からない大きな構造的違いがいくつかあった。
第一に、スペースシャトルのオービターは宇宙を飛行するためのエンジンを備え、大型ロケットは燃料タンクとして使用していた。
一方、ブランのオービターにエンジンはなく、エネルギアと呼ばれる、より大型の本格的なロケットに取り付けられているだけだった。
しかし、これによりソ連は宇宙へのより柔軟な貨物輸送が可能になった。
またブランには、非常時に脱出するための射出座席が乗員全員分備えられていたが、米国のスペースシャトルはこのような装置を備えていなかった。
さらに、スペースシャトルには設計上の欠陥があり、それが原因でチャレンジャー(1986年)とコロンビア(2003年)の2機が
飛行中に爆発する事故が起きたが、ブランには大規模な事故につながる欠陥はなかった。
ブランは、ベルリンの壁崩壊の1年前の1988年11月15日に無事に無人飛行を終えた。
しかし、このミッションの直後にブラン計画は中止され、最終的に当時のロシア連邦のエリツィン大統領が1993年6月30日に計画を打ち切った。
「ブランは、その後も宇宙ステーションの支援などの民間ミッションを遂行できたであろうが、ソ連崩壊後、そのための資金は残されていなかった。
ソ連の宇宙計画では基本的に、ブランを当面必要としていなかった」とヘンドリックス氏は語る。
初飛行に使用された1号機「ブラン」は、バイコヌール宇宙基地内の建物に保管されていた。
しかし、ずさんな管理とカザフスタンの草原地帯の極度の温度差により、2002年に建物の屋根が崩れ、機体を完全に破壊した。
バイコヌール宇宙基地内にはさらに3機が保管されていた。そのうちの1機である本格的な試験モデルが屋外に放置されていたが、
2007年に近くのバイコヌール博物館に移送され、現在も同博物館に展示されている。残りの2機は今も格納庫に放置されている。

更に続く
7: 2018/02/17(土) 17:48:58.46 ID:ve0ibFNl0
>>2の続き

かつてソ連の宇宙計画の誇りだった宇宙船が、なぜ30年近くも鍵すらかかってない建物の中で腐食するまで放置されたのか。
「どういうわけか人々の関心や資金が十分に集まらず、これまでこれらの宇宙船を博物館に展示することができなかった」とヘンドリックス氏は語る。
ネックになったのは輸送コストだ。「バイコヌール博物館にはすでにオービターが展示されており、宇宙船をロシアの他の場所や外国に運ぶのは事実上不可能になった。
また、これらの宇宙船はもはやロシア政府の所有物ですらない」(ヘンドリックス氏)
2008年にドイツの博物館がブランの宇宙船に興味を示し、1200万ドルを提示したが、特別機での輸送に費用がかかりすぎることから、商談は成立しなかった。
「結局、この博物館は諸事情でバーレーンに流れ着いた別のブランオービターを購入した。このオービターはボートでドイツに輸送された」(ヘンドリックス氏)
それでも2017年に現地を訪れた写真家のダビド・ドゥルーダ氏によれば、ブランを救うことはまだ可能だという。
同氏は「シャトルもロケットもほこりや鳥のふん、激しい温度変化などに30年近くさらされてきた。年月がもたらす影響は確かにある。しかしそれを別にすれば、状態はかなりいい」と語った。

終わり
48: 2018/02/17(土) 18:58:10.39 ID:CJzsYd6J0
>>2
>またブランには、非常時に脱出するための射出座席が乗員全員分備えられていたが、米国のスペースシャトルはこのような装置を備えていなかった。

これスペースシャトルの致命的な欠点だよな
なんで安全に関わることを退化させたのかねぇ
50: 2018/02/17(土) 19:03:25.26 ID:RFgJF8rl0
>>48
重くなる
57: 2018/02/17(土) 19:19:51.88 ID:CJzsYd6J0
>>50
安全と引き換えにしていいもんじゃねーだろ
63: 2018/02/17(土) 19:44:03.73 ID:pQnuw82Y0
>>57
実際には生きて脱出できない気休め程度のお飾りなのに何を期待してるんだ
55: 2018/02/17(土) 19:11:24.69 ID:DgJlZ3nG0
>>48
初期のスペースシャトルにはついているよ
まあ脱出しても摩擦熱で焼け死ぬがな
3: 2018/02/17(土) 17:44:22.12 ID:BB4m7Rgt0
スペースシャトルの丸パクリじゃねーか
6: 2018/02/17(土) 17:48:44.64 ID:A8wiLgeE0
>>3
こいつは無人で宇宙行って指定の軌道を飛んで大気圏突入して指定した滑走路に帰ってくるくらい高性能だぞ
13: 2018/02/17(土) 17:54:23.86 ID:W5+Aq5Rw0
>>3
シャトルの設計はWW2時代のドイツ人の仕事なのを知らないのかよ・・・
4: 2018/02/17(土) 17:46:13.60 ID:iw+g+ieB0
ブーン
359dbda0.jpg
45: 2018/02/17(土) 18:54:26.22 ID:z12jUziy0
>>4
乗せる時はどうやったんだろ
クレーンじゃ難しそう
5: 2018/02/17(土) 17:47:00.89 ID:2UTO47xd0
黒電話が買ってゴニョゴニョするに違いない
8: 2018/02/17(土) 17:51:02.30 ID:b8NKvm3k0
1年くらい前にこの廃墟?の写真集がkindleで安くなってた
9: 2018/02/17(土) 17:53:07.71 ID:m3G1MXQQ0
大型のドローンを200機くらい括り付けて飛ばしたら運べないかね?
10: 2018/02/17(土) 17:53:52.70 ID:EvgPvuWp0
スト5にブランカくるもんな
11: 2018/02/17(土) 17:54:03.48 ID:punHuO930
ブランはおまけ本当の目的はポリウス打ち上げるためのエネルギアが本体

a530b092.jpg
17: 2018/02/17(土) 18:01:44.90 ID:4/UjXgbX0
>>11
バンシィ
カッケェ〜
62: 2018/02/17(土) 19:41:24.57 ID:CVb3FuWx0
>>11
あれってネタ兵器やったと思ってたわ…
12: 2018/02/17(土) 17:54:12.79 ID:ht4ZMeue0
シャトルは本体にエンジン付いてるけどこいつはロケットに乗っかってくだけなんだよな
そしてシャトルは無人じゃ飛ばせないがこっちは無人で飛ばせる
14: 2018/02/17(土) 17:56:35.93 ID:gP3NxbV00
百式とガンダムマークIIを宇宙に返すんだろ
15: 2018/02/17(土) 17:56:39.53 ID:iw+g+ieB0
ナチスの科学は世界一チイイイイ!!
16: 2018/02/17(土) 18:01:34.47 ID:qb39Mlq70
電気ブラン
18: 2018/02/17(土) 18:01:58.09 ID:2DfMCMKG0
まあこいつを乗っけるために作ったムリーヤは世界で大活躍してるから結果オーライ
19: 2018/02/17(土) 18:03:02.94 ID:Krofkfri0
コンコルドそっくりな超高速航空機もあったね。
20: 2018/02/17(土) 18:03:57.25 ID:4/UjXgbX0
デザインがクール
なんだろう、センスが良いな
21: 2018/02/17(土) 18:04:00.34 ID:ycz3W95r0
カタチは似てるけど運用方法が全く違うんだっけ。
22: 2018/02/17(土) 18:04:15.52 ID:ydu5Q8hs0
もっと共産圏っぽさが欲しかったなw
23: 2018/02/17(土) 18:11:26.39 ID:GpAHaZIu0
やっぱ真空管使ってたんやろか
24: 2018/02/17(土) 18:16:51.92 ID:J6EXsb2P0
ブランを一回打ち上げたことで
ロシアにアメリカのスペースシャトルオービターが

実は非効率なシステムだとばれたんだよね
35: 2018/02/17(土) 18:36:16.90 ID:1yNFNfmz0
>>24
それはなかなかに面白い
しかもソ連のロケットブースターのエネルギアの出来がよくて
普通に使い捨てロケットの方が低コストで、ブランもスペースシャトルのような欠陥もないのは、今もソユーズでISS往復してる事からも明らかだろう
なんというか、エリソン オニヅカさんの冥福を祈らずにはいられない
25: 2018/02/17(土) 18:16:52.32 ID:8ZppGj670
テトリスクリアして出てくるのはこれなのかスペースシャトルなのか。
26: 2018/02/17(土) 18:19:17.25 ID:w/PoZZB50
イーロン・マスク買い取れよ
27: 2018/02/17(土) 18:21:42.51 ID:4/UjXgbX0
似て非なるものなのね〜同じにしか見えない
e3b2455d.jpg
33: 2018/02/17(土) 18:35:03.93 ID:DJsbkUMZ0
>>27
左はスペースシャトルが本体であとはオマケ
右はエネルギヤが本体でブランはオマケ
全然違うんだなこれが
43: 2018/02/17(土) 18:50:40.30 ID:4/UjXgbX0
>>33
ロケット本体がエネルギア?
推進力がシャトルより大切なんだろ
良く分からないな〜まぁ愚問でしょうから無視
して下さいww
16df6db0.jpg


47fcdd2d.jpg
28: 2018/02/17(土) 18:22:25.32 ID:wGECPA5Z0
日本が買い取れよ
29: 2018/02/17(土) 18:22:51.12 ID:J6EXsb2P0
当然、ソ連にもブランの再飛行計画在ったんだけど
思ったより修繕費用が罹り過ぎる事で
アメリカが冷戦時に優位性を示すだけの
無理なシステム、打ち上げ花火だとバレた

「これ新規で作った方が安くね」

「じゃあ往還する必要なくね、翼も要らんやん」

「ソユーズでいいわもう」
30: 2018/02/17(土) 18:31:22.36 ID:BM3yQWkq0
かっこええなー
31: 2018/02/17(土) 18:34:06.30 ID:r/NGV47N0
初めに宇宙へ行った偉大な国。
セルゲイコロリョフがいなかったら、今の宇宙開発は無かったろう。
32: 2018/02/17(土) 18:34:23.64 ID:3r0dyrq/0
>>1
スペースシャトルとほぼ同じだねこの頃からデータ盗んでパクリやってたのか
42: 2018/02/17(土) 18:48:11.35 ID:/FH6aPRp0
>>32
違うって書いてんだろゴミカス
34: 2018/02/17(土) 18:35:21.39 ID:6J7SEsF80
俺の記憶が正しければエネルギアって呼んでたと思うが違うの?
36: 2018/02/17(土) 18:37:54.80 ID:kOzChhSv0
「アッシマーがぁ!」
37: 2018/02/17(土) 18:39:25.25 ID:DNi8nuCF0
スペースワールド兇鮑遒辰特屬海Δ
38: 2018/02/17(土) 18:41:42.33 ID:Ps9ekcEK0
なんで今はスペースシャトルも使ってないの?
39: 2018/02/17(土) 18:42:26.06 ID:XvWkkMx40
>>38
ソユーズで良いからじゃない
40: 2018/02/17(土) 18:45:29.39 ID:D2Iw0YZF0
散弾ではなぁ!
41: 2018/02/17(土) 18:47:38.60 ID:yFObjWl10
エネルギア中止になったからだろ
44: 2018/02/17(土) 18:52:13.44 ID:ozJ161Zp0
もう遺物だよな
時代はスペースXに移った
46: 2018/02/17(土) 18:54:33.50 ID:4/UjXgbX0
ISSにはソユーズ
ロシアってめちゃくちゃ種類あるんだな
http://historicspacecraft.com/Rockets_Russian.html
47: 2018/02/17(土) 18:56:37.88 ID:EvgPvuWp0
ビバップでこういうエピソードあったな
49: 2018/02/17(土) 19:01:39.16 ID:qzukx3br0
エネルギア  中国電力
51: 2018/02/17(土) 19:04:26.30 ID:L4LtekYf0
あんないびつで空気抵抗が大きくては燃費も悪いし、ロケットとの接続部に負荷がかかるのでは耐久性にも問題あり過ぎるだろ
再使用する為のメンテコスト半端ないと思う
52: 2018/02/17(土) 19:05:13.12 ID:hHmRua7y0
アスベストなんかは大丈夫なのかよ・・・。
・・・まあ周辺に住んでる人もいないだろうからいいのか(´ω`)
53: 2018/02/17(土) 19:06:32.48 ID:qzukx3br0
ブランはほぼ完成形のまま放置されたカワイソスな機体
そして、存在自体が忘れられた汚フランスのヘルペスw アリランロケットw
まあ、アリランロケットは現役で運用中だけど

そして存在が無かった事にされてるゼンガーw クソ毒逸w
54: 2018/02/17(土) 19:07:58.83 ID:ciYsWzd60
ていうかソユーズが優秀すぎんだよ初打ち上げから何年使ってんのあれ
宇宙業界のB52みたいなもんだぞ

アメリカがサターン打ち上げてスペースシャトル打ち上げてファルコンヘビー打ち上げてる横で延々とソユーズを打ち上げるロシアさん流石っすよ
56: 2018/02/17(土) 19:15:08.60 ID:qzukx3br0
オールブランが仮に運用始めてたとしても、どのみちソヴィエト崩壊で運用中止されてたよな
ドゴスギアが……エネルギア単体ですら打ち上げに性交してても結局放置されてるし

往還機というコンセプト自体が早すぎたのか、そもそも間違いだったのか?
使用頻度が上がれば往還機しか無いと思うんだけども、技術的にまだ無理なんかな
58: 2018/02/17(土) 19:22:32.01 ID:DgJlZ3nG0
>>56
大質量を一回で打ち上げるよりも何回かに分けて打ち上げる方がコストがかからないから止めたらしいよソ連
59: 2018/02/17(土) 19:23:07.09 ID:J6EXsb2P0
>>56
宇宙から何か持ち帰る時代になったら往還機も必要だけど、
現実はスペースシャトルが帰還する時に載せるものは常に人員だけで
あの巨大なカーゴベイはずっと帰りは空荷だった

帰還する為に必要な翼はもろクリティカルな部分であり
実際穴が開いただけで、未帰還になってしまってる
空荷のカーゴベイを維持する為に人が死んだって事になる
65: 2018/02/17(土) 19:49:45.37 ID:CJzsYd6J0
>>59
スペースシャトルは、ソ連の衛星を持ち帰るという軍の思惑もあってああなったとか
60: 2018/02/17(土) 19:25:57.87 ID:unsXQFzf0
エネルギアのありったけのロケットくっつけてみましたの力技が大好き
61: 2018/02/17(土) 19:34:11.19 ID:4KLEDSqy0
出撃を控えて自然に朽ちたシャトルもいいけど
巨大な格納庫がかっこよすぎる
モビルスーツが一緒に置いてあっても違和感がない
66: 2018/02/17(土) 19:55:42.90 ID:d2r1tIWJ0
画像がカッコ良すぎるんだけど
加工してるのかな?
67: 2018/02/17(土) 19:57:38.06 ID:5gbYZguc0
宇宙貨物機としての設計としてはブランの方が合理的だったような
スペースシャトルって何でオービターにエンジン付けてたんだろうな
68: 2018/02/17(土) 19:58:56.93 ID:8EyxQJfn0
共産主義でよく宇宙まで行けたよな
69: 2018/02/17(土) 20:00:39.67 ID:w/PoZZB50
>>68
クリーンルームじゃなくて、町工場みたいなところでウォッカ中毒のオッサンがハンマーひとつで作ってそうなイメージ
64: 2018/02/17(土) 19:44:52.85 ID:hbOd/15K0
なんかカッコいいな。